FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

意外や意外

 今週の月曜日、以前から気になっていた花壇に関すること、そしてプランターなどのペンキ塗りをしました。剥げ落ちた色が、ペンキを塗ることで装いを新たにするって、気持ちいいですね。(女性はこんな心境でお化粧をしているのでしょうか?)

 花壇については段取りだけつけて、資材が入荷してから、恐らく来週、取りかかることになると思います。こちらもどのような仕上がりになるのか、楽しみです。久々のDIYです♪

 そんな外作業を続けていたからか、月曜日の夕方、ある方を訪問へ行く途中の車の中で、連続5回ぐらいのくしゃみが噴出しました。近くに白樺並木があったから、花粉に反応したかなぁと思っていました。

 すると翌日の火曜日の朝、何だか枯れた声になっておりました。「あ、やばい・・・」と思ったのは、自分の体調のことではありません。私の体調を心配する過保護なあまりの、まるで大病を患ったかのような対処が始まるからです(笑)

龍角散

 案の定、私の少しかすれた声に反応した妻は、「やっぱり白樺花粉じゃなかったんだ。昨日訪問した○○さんも、北見は寒暖の差が激しいって言ってたから、外での作業が影響したかも。これ舐めて」と差し出されたものが、龍角散ののどすっきり飴なるもの。
 
 「あー、面倒くさ〜」と思いながら、舐めないままにいたのですが、妻が外出した時に、試しに1つ舐めてみたんです。「あら、美味しい」。名前からして、もっと薬っぽいものかと思っていたら、意外や意外のお味でした。2つぐらい舐めました。

 そして寝る前に差し出されたのは、葛根湯。こういうのも好きではない私。「風邪はひきはじめが肝心」は、他人のための言葉で、私自身はそういう時こそ、「体の治癒力が与えられているんだから」と思うのです。

葛根湯

 ただ漢方薬だということ、そして箱に「かぜのひきはじめ 頭痛、肩こりに」と書いてあるではありませんか。反応したのは、かぜでも頭痛でもなく、肩こりです。肩こりがひどいというわけではありませんが、「へぇ、こんなのでコリがほぐれるのかぁ」と飲んでみました。大人4錠とありましたが、大きな錠剤を4つも飲めません。3つにしておきました。

 おかげ様で次の日は、声もかすれておりませんでした。ヘルペスもあったので、早め早めということなのですが、何よりもやや過剰反応する妻の気持ちを和らげるためためであります。はい、もちろんありがたいのではごまいまするが・・・(笑)

(効能は、あくまでも個人の感想です)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |