FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

自分発信ではなく

 4月29日の祝日、F先生をお迎えして「第2回 一食断食祈祷聖会」を持ちました。40日40夜、食を捧げて祈られた主イエスに申し訳ないぐらいのたった一食ですが、それでも共に主の前に心を注ぎ出して、教会の皆さんと祈れることは感謝です。

 「使徒の働き」の中で、初代教会の信仰の先輩たちは、事あるごとに祈り続けました。愚直なまでに、同じ信仰を受け継いでいきたいのです。そして同じ主の御業を拝したいのです。 

20150429

 F先生のメッセージを通して、「自分発信になっていませんか?」という問いかけが迫ってきました。どんなに一生懸命だったとしても、その出所、また方向が違うなら、他の誰かに認められないと嫌になり、いら立ち、疲れ果て、自己憐憫に陥っていくというのです。

 そして主イエスのもてなし(愛と御言葉)を受け、恵みを受けとめていくことが土台であり、そこからこそ高い志が与えられていくと励ましてくださり、聖霊に満たされていきましょうと、共に祈りに導かれるひと時となりました。

20150409

 前日まで紋別で奉仕をなされていたF先生。その紋別にスーツ一式を忘れて来られ、この日のネクタイは私のものをお貸ししたということは内緒です(笑)

 「昨年よりも、祈りの力がついてきているなぁ」というか、主の御霊に一人ひとりが心開かれて、主に促されて祈らされているという感じがして、嬉しく思いました。・・・・

 創立から20年も経過している教会と改めて聞かされて、「もうそんなにたったのかぁ」と感慨深い思いを持ちました。一時は風前のともしびだった教会が、主によって息を吹き返し、・・・・主をほめたたえます。今回もまた、初めてお会いした方々がおりましたね。

・・・・・・

 主の恵みが、一人ひとりの上に豊かにありますように。そして、主の祈りの答を見出して、喜びに踊る教会となっていきますように。感謝しつつ」



 F先生からご丁寧なお手紙をいただき、とても恐縮していま・・・・せんが(笑)、内側から静かに沸き上がってくる喜びがあります。

F師からの手紙

 そしてその次の日曜日である5月3日、F先生と初めてお会いした方に、主の祈りの答を見出して、まさに喜び踊るような出来事が礼拝の中で起こりました。そのことをF先生に伝え忘れていました!

PS.
 2時に終わった後、しばらくして連れ立って食事に行かれた方々がおられます。天におられる父なる神も、微笑みながら見つめられておられたでしょうね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |