FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

鼓舞されて

 5月4〜5日のゴールデンウィーク中に、北海道教区創立60周年、第61回北海道聖会が開かれ、広い北海道の各地から老若男女が集まり、共に主を見上げるひと時となりました。

 「あれ、昨年も60周年だったのでは?」と思った方は、なかなかの記憶です。実は、教区創立は1956年のようで、本当の60周年は来年の2016年なのです。しかし、1年に2度も北海道聖会を開いた年が2度もあるようで(今だと考えられないことですが)、昨年で60回を迎えたというわけなのです。

 そこで昨年の第60回から、正真正銘の(!?)60周年である来年にわたる3年間を、教区創立60周年記念として銘打って聖会を開いているというわけなのです。

20150504-05聖会の様子

 3年に渡って60周年に相応しい記念行事が計画されました。昨年は教団理事長を講師にお迎えし、13教会に記念品が贈呈され、また牧師・伝道師の道内勤続30年以上者の表彰、信徒の信仰50年、30年以上者の表彰、次世代のための祝福祈祷の時を持ちました。

 そして今年は、北海道出身の元海外宣教師を講師にお迎えし、聖会後に祝賀会を盛大に開きました。何年経っても、「あの祝賀会は楽しかったね〜」と言えるものになるようにと思いつつ準備がなされ、予想以上の笑いと喜びと驚き、美味しさと感動とフレッシュといぶし銀と、老若男女が主を真ん中にして恵みに憩うひと時となりました。その模様は、また来週にUPする予定です。

 「教会を励まし、鼓舞するための60周年」、「過去を記念し、前進するための60周年」をコンセプトに計画され、祈りつつ準備をしてきた聖会です。打ち上げ花火で終わることなく、聖会後、諸教会の力となっていくことを切に期待しています。

 明日も北海道教区13教会で捧げる礼拝が、また日本全国で、そして世界中で主を仰ぐその中に、ペンテコステの恵みが豊かに現されていきますように。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |