FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

老若男女が共に

 先月の創立60周年を記念した北海道聖会・祝賀会で、衝撃的なデビューを飾ったのが、SRC48ならぬ、「みるきいず」です!下記の紹介文を読み、皆さんの盛大な拍手を受けながら、スペシャルの1番手を担ってくれました。

 「私たち『みるきいず』は、2010年に結成された、ガールズユニットです。クリスマスやイースターなどのイベントで、バンドやダンスを神さまに捧げています。今回はじめて、自分たちでダンスの振り付けを考えました。さらに、バンド付き。とっても緊張しているので失敗するかもしれませんが、あたたかく見守ってください」



 大きな拍手で迎えられた「みるきいず」は、緊張しているようには見えず、会場にいた皆さんの視線をくぎ付けにし、心を1つにさせ、応援と歓声と手拍子が続いていました♪ 練習風景がYouTubeにアップされていました(⇒コチラ)当日の本番は、会場の皆さんとの相乗効果で、とっても盛り上がりました。

みるきいず

 「みるきいず」の次のスペシャルである北海道CAのスキット準備が遅れたので、私が司会としてつなぎをするために「今回の一番の見所、ダンスのポイントは何ですか?」と尋ねると、「L・O・V・Eのとこです」と臆せずに話されました。そこで「では、その部分だけもう一度、皆さんにアピールしておきましょう!」と、見所のみのアンコールをお願いして、再度、皆さんを喜ばせていました。

 保守的なキリスト教会の伝統も受け継いでいるのですが、それでもお昼ご飯も美味しく、結婚式のような喜び溢れる祝賀会ムードの中で、年輩の先生方も目を細くして微笑ましくしておりました。

 またスペシャルの最後を飾るWさんのお証しが、さすが第2回の北海道聖会に出席されている歴史的証人として、いぶし銀のような存在を醸し出し、主を真ん中にして老若男女が喜びをご一緒できて感謝でした。

みるきいず2

 私たち夫婦が講師をホテルに送っていく際、講師のS先生と一緒に「L・O・V・E」のポーズをして写真を撮っていたり、昭和の青春ドラマさながらに私たちの車を追いかけて見送ってくれました(すぐに信号に引っかかって並ばれてしまいました・笑)

 聖会後、「みるきいず」がダンスで表現していた「新しい命」がずっと頭を駆け巡っているので、mp3をamazonで買いました♪

 「共に笑い 共に泣き どんな壁も乗り越える
  イエスが一緒にいるから」



 この歌詞のように「みるきいず」の皆さんはもちろんのこと、教区の皆さんとキリストに出会えた喜びを新たにしながら歩んでいきたいなぁと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |