FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

山菜づくし

 北海道に来て、ふきのとうを摘んで天ぷらにして食べて、その、ほろほろほろほろ苦さに、山菜採りに行く気をなくした私たちでした(「ほろ苦い春の味」)。

 しかし今年、行者ニンニク(アイヌネギ)をいただき、そのしょうゆ漬けと何だかパワーが出てきたような感じがして、いつか行者ニンニクなら採りに行っても良いなぁと思っておりました。

コゴミとアイヌネギ

 すると北見在住のS先生のお姉さんから、いろいろと山菜をいただいたのです。行者ニンニクはありませんでしたが、コゴミ、たらの芽、ウドでした。早速、妻が北東地区の先生たちが来られた時に、山菜料理を作っていました。

 コゴミってゼンマイのようですね。見た目は私にとっては、「ちょっと・・・」という感じですが、癖もなくいろいろと料理のしやすそうな山菜だなぁという印象です。

 たらの芽の天ぷらは、美味ですね。これは大阪時代にも食べたことがあります。人気の山菜だと聞きました。

たらの芽など

 ウドは初めてかもしれません。これを書きながらウドの味を思い出そうとしているのですが、出てきません。美味しいなぁと思ったのは、ウドよりも一緒に和えているタコの酢みそでした(笑)

 後日、S先生のお姉さんに届け物を持って行く機会がありました。S先生のお姉さんは、さすがS先生のお姉さんという感じで、私は何となく天に召されたM先生と話しをしているようで、少々背筋がピンとなるような感じです(笑)

 そのS先生のお姉さんから、さらにまたコゴミをいただきました。妻が2種類のおかずにしてくれ、美味しくいただきました。

さらにコゴミ

 山菜と野菜の違いって何でしょうか? 人が植えているものが野菜でしょうか? 私にとって、山菜はそのものの味というよりもその味付けを楽しめるものという感じがしました。これは、私の舌が肥えていないからでしょうか?

 今年は例年以上に山菜をいただきました。特に行者ニンニクは、私たちにとって大当たりでした。来年が楽しみです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |