FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

穴をふさいで

 雪融けが始まり、少しずつ暖かくなってくる4月の中旬、1F奥にあるお風呂場の脱衣場に、小さな虫がぽつぽつ現れます。ワラジ虫ではなく、もっともっと小さい虫なのです。見つけるたびにティシュで取っています。他の部屋には全く出ないのですが、その脱衣場だけなのです。

 2ヶ月か3ヵ月か、しばらくするといなくなるのと、大量発生というわけでもないので、それほど気にはしていませんでした。すると今年、妻が、きっと此処が原因だという穴を見つけたのです。

壁の穴

 これ何の穴か分かります? 正確にはこのチューブは何のチューブかということですね。昔からの道民でしたらご存知でしょう。ストーブの灯油の配管なのです。おそらくボイラーのある脱衣場が温められて、床下などにいる小さな虫がこの穴から「こんにちは」とやって来るのでしょう。

 そうと分かれば話しは早いのです。以前に買って使っていたコーキングガンと使い残しのコーキングを持って来て、作業を始めました。

 コーキング

 大阪時代、新会堂建設で大学生の私が覚えたコーキングのテクニックを思う存分に発揮できる、と思っていましたら、何とコーキング剤が全て固まっておりました・・・・。空気が入らないようにビニールテープで巻いていたのですが。

 調べてみると、そんなに長期間は保存できないようですね。(参照)今回のものは、以前に使用してから3−4年は経っているでしょう(笑)

かべシール

 ホームセンターに買いに行こうかどうしようかと迷ったのですが、それこそ10年前、結婚する時に古いアパートを修理するために買った「かべシール」なる充填剤があるのを思い出しました。

こちらは10年前のものですが、今でも使えます。不思議ですね〜。コーキング剤のシリコンよりも柔らかいのですが、ま、これくらいの穴でしたら大丈夫でしょう。

 充填完了

 これで充填(じゅうてん)した後、あの小さな虫が少なくなったような気もしています。もう今は1匹もいませんが、しばらくいたのは、きっと穴をふさぐ前に既に侵入した虫だと自分に言い聞かせています(笑)

 さあ、明日は礼拝です。私たちの心も主なる神でないと埋めることの出来ない隙間があります。その穴が大きければ大きいほど、そこに注がれていく神の愛と恵みも大きいでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |