FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

小さな花

 先々週のことですが、妻と一緒に聖書の学びをしているMさんが、お庭に咲いている可愛らしいお花を摘んで来られました。Mさんらしいと言いましょうか、そんなお花ですね。

Mさんからの花

 この花を見ながら思い出した賛美があります。それは讃美歌第二編26番「ちいさなかごに」です。一度も教会で歌ったことはありませんが、ある本の中に紹介されていて私の記憶に残っています。

 小さなかごに花をいれ さびしい人にあげたなら
 へやにかおりが満ちあふれ くらい胸もはれるでしょう

 愛のわざは小さくても 神の御手がはたらいて
 悩みの多い世の人を  あかるくきよくするでしょう


 「おはよう」とのあいさつも こころこめて交わすなら
 その一日おたがいに  よろこばしく過すでしょう

 愛のわざは小さくても 神の御手がはたらいて
 悩みの多い世の人を  あかるくきよくするでしょう



 私には似合わない賛美ですが(笑)、「愛のわざは小さくても」というところが良いですよね。「さびしい人」とか「悩み多い世の人」というのは上から目線のそれではなく、その中にはもちろん自分自身が含まれているのでしょう。

 そして私がもし小さな愛のわざを誰かにしたとしたならば、それは同時に主イエスにしたのだと言って下さる、この主の喜びに生きていきたいなぁと思うのです(マタイ10:42、25:40)。

Mさんからの花②

 杏さんが子どもの頃に好きな歌だったようです(参照youtube)。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |