FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

「知ったか」ではなく

 6月最後、2015年上半期最後の礼拝を捧げました。愛餐会(昼食)の後、2015年の上半期を振り返る時を持ちました♪夜のⅡ礼拝には、久々に集われた方もいて感謝。

 ペテロは今までは分かりませんでした。はっきり分かるまで、時間が必要でした。すぐにではなく徐々にという時間の中で、熟成されていくものがあります。主の言葉を思い巡らす中で、自分の思い込み、偏見、固定観念が徐々に融かされていきます。



「私は知らない」と無関心、無関係の立ち位置は良くないでしょう。しかし反対に、「知ったか」を装う上から目線も、罪でしょう。主イエスは「見えると言い張るところに罪が残る」と言われています。



20150628
(250字のメッセージ・エッセンスは、コチラ

 全ての人が救われることを、誰よりも主御自身が望んでいます。悪者だから、滅んで当然ではなく、むしろ悪人と思えるような人が、悪の道を離れて悔い改め、主に立ち返っていくことを主なる神は願っています。(エゼキエル33:11)



 キリストによる平和とは、①神との平和、②その結果として与えられる自らの内に沸き上がる平和(平安)、③そして人と人との平和が含まれています。

 柏木哲夫医師がその著書に記されている3つの和解も、上記の3つを含んでいます。①自分との和解、②周りの人との和解、③神との和解です。人はそれほど強くありません。だからこそこの神との和解が土台となって、自分との和解、周りとの和解が可能となっていくのでしょう。 



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

礼拝メッセージの断片集 |
| ホーム |