FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

3つの驚き

 もう先月のことになりますが、6月21日(日)の午後3時から、月に1度のEnglish Serviceが開かれました。英語の話せない牧師で申し訳ないのですが、その分、なんちゃって英語も含めて(笑)、多くの皆さんの協力を得ています♪

 今回、大きく驚いたことが3つありました。1つはこの日、私の履いていたズボンがTさんと同じだったのです(笑)私は数年前に、世界のユ○○ロで買いました。誰にもバレていないと思っていたら、Tさんの奥様・Gさんに「おなじ〜」と指摘されました。楽しいことです。

 2つ目は、Kさんが大量のサクランボを持ってきてくれたことです。先々週の記事(「一入」)で紹介しました。皆さんに食べていただこうと、礼拝後に一生懸命に摘んでくださったかと思うと、とってもありがたいです。

20150621English Service

 そして3つ目は、多くの方々が集われたことです。日本人と子どもを含めて29名でした。English Serviceの重荷を持っているGさんが、「センセー、コンカイハ、スクナイカモシレマセン」と話されていました。

 私は「いいですよ。1人しか来られなくても、それでも主なる神様は、私たちが捧げる礼拝をとっても喜んでくださるのですから」と言いつつも、祈祷会などでも、声をかけた方々が集われるように共に祈っていました。

 すると当日は、初めての方々も含めて、たくさんの方々が集われ、まさに「SALAMAT、SALAMAT」(タガログ語で、ありがとう、感謝の意味)でした。

 English Serviceが終わり、片付けも段取りがつき、最後まで残っておられた皆さんが帰ろうとした時、Mさん一家がGさんのために誕生日ケーキを持って現れました!朝からずっと農家の仕事をしていて、どうしてもこの時間になったとのことでした。

 今月のEnglish Serviceは、チャペルフェスティバルと一緒になります。日本人も、外国出身の方々、また在留異国人の皆さんも、"Let us rejoice today and be glad"(この日を楽しみ喜ぼう)♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |