FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

暑サニモ

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋(イカ)ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
(後半略)



 有名な宮澤賢治の「雨ニモマケズ」の一文です。「雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ」が、よ〜く分かります。

 今年は変な天気なのです。5月の半ばに最高気温が30度近くになったかと思えば、その後に最低気温が一桁まで冷え込んだりという感じです。雨や低温注意報も多く、農家の皆さんは心配されていることでしょう。

 6月下旬に暖房を焚いている我が家を出て、委員会のある東京では冷房の中で過ごし、翌日にはまた暖房を焚く我が家へと戻ってきました。日本は狭いようで、広いと言いますか、長いですね。

 先日の日曜日は紋別でも暖房が焚かれていていたのですが、昨日と今日の北見は最高気温が30度近くなり、2階はけっこうな暑さです。しかし明日は20度、来週の半ばには最高気温が15度ぐらいまで下がるそうです。日本を縦断しなくても、1日の中でも温度差20度を体感できる北見の街です。(週刊天気予報にも、大きな変動はありますが!)

網走地方の天気

 さて、冒頭の宮澤賢治の「雨ニモ負ケズ」のモデルは、キリスト者の斉藤宗次郎だったと言われています。強いなぁと思います。同時に私は星野富弘さんの「マンゴー」の「雨ニモ負ケテ」にも、また違った強さを感じます。
  

雨ニモ負ケテ 風ニモ負ケテ
夏ノ暑サニモ負ケテ

東ニ病気ノ人ガイテモ
西ニ困ッテイル人ガイテモ
ナニモシナイ

丈夫ナ体ニナリタクテ
健康食品ニ気ヲクバリ

ウマイモノガ好キデ
マズイモノガ嫌イデ

オカネモホシイ
着物モホシイ

ソンナ私ガ仰向ケニネテイル



 最後の一文があるからこそ、また星野富弘さんさからこその詩ですね。さあ、明日は礼拝です。弱い時にこそ強い、そう言わせてくださる主イエスを共に見上げます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |