FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

性格かな? 【No.168】

私がblogを始めたきっかけは、
「ありがとう浜村淳です」的な響きのある
元気です!ながさわです!!
というblogを見つけたことでした。

著者のN先生のことを(イニシャルにする必要はないのですが・笑)、
「私のライバルです」と何かの集会で言ってしまったんですね、つい。
何を競っているのかはよく分かりませんが、
何となく「切磋琢磨」していけそうな友人のように思えたんです。

そのN先生のblogの形式が、
今年のいつぐらいからかマイナーチェンジしたのを私は見逃しませんでした。
それは、段落の最初に太字で色を変えた「見出し」を付けるようになったのです。
そしてこの見出しが付くようになって、圧倒的に読みやすくなったのです。

ながさわ師blog

もう私は北海道に移っていたので、何かの時にメールか電話で、
「あの見出し、いいよ!めっちゃ読みやすい」と褒めると、
「先生もやってみたらいいじゃないですか」とN先生が言うのです。

ライバル宣言しているので、何となく真似をする気持ちになれないのと(笑)、
blogの文章に対する私の性格的なものもありました。
見出しを付けると、その段落で言いたいことが先に分かってしまいます。
私の場合は、徐々に読者を「お~!」という世界に招きたいのです。
(悪く言えば、じれったい文章なんです)

言葉の使い方は厳密に言えば違うのですが、
N先生は演繹的な表現方法(普遍から特殊、最初に答えありき)、
私は帰納的な表現方法(特殊から普遍、後に結論)
とでも言えるのかもしれません。(言えないか???笑)

しかし、とうとうN先生の真似をして、
今週の教会HPのメッセージに段落の見出しを付けてしまいました・・・。

メッセージ

今回のメッセージに限っては、ポイントメッセージではなかったこと、
そして長くなったので、どうしても見出しを付けた方が良いと判断しました。
しかし見出しの付け方は、N先生のように段落をまとめた結論を記すのではなく、
あくまでも結論を探る「問いかけ」としているところが、
N先生と私の性格の違いだろうなぁと思っています。

「見出し」に関しては参考にさせてもらいましたが、
「twitter」機能や「Amazonのアフィリエイト」機能は、
今のところN先生に追従しないつもりです。

「twitter」は、教義上「つぶやく」ことは聖書に反しているので、
しないと思います(冗談です。めんどうだからしません・笑)
「Amazonのアフィリエイト」は、牧師のblogにはそぐわないので、
しないと思います(これも冗談です。恐らくN先生は、宣教費の捻出を考えている??)

全国を駆け巡っている行動派のN先生は、
ずいぶんと私の前を走っています。
(N先生はダイエットのリバウンドもなく、悔しい限りですが・・・笑)

私が関西から離れたこともあり、会う機会も少なくなりましたが、
時々私のメッセージの例話に登場して頂き(出演料は払いません!)、
今もいろいろと学ばせてもらっています!



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<串揚げ 【No.169】 | ホーム | ダイコンの収穫 【No.167】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |