FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ほつれがある

 6月と7月、いろいろと内地(本州)へ出かける用事がありました。この時期にわざわざ湿気の多いムシムシした地域に出かけなくても・・・・と思うのですが、重なってしまうんですよね〜。

 まぶしい日射しに目を細めながら顔を下に向けていると、「あー、そう言えばこのアスファルトは北海道で見たことがないなぁ」と気づいたのです。(あるいは北海道にもあるのに気づいていないのでしょうか?)

本州のアスファルト

 もう20年ぐらい前に、小雨が降る中で車を運転していた時に、私にとって大きな発見をしたのです。この目の粗いアスファルトは、雨の日に排水効果があって、水たまりができないので水しぶきが飛ばず、車で運転している時、明らかに目の前の視界が開けるのです。(ちなみに予想外のこととして、消音効果もあったと道路工事関係者が教えてくれたのを覚えています)

 北海道でこの種類のアスファルトを見ないのは、除雪などと関係があるのかもしれないなぁと思いつつ、交差点で信号待ちをしておりました。

 その後、汗をかきながらなだからか坂を上って所属グループの事務所に行くと、事務員の方が笑顔で私に手渡してくれたものがあります。はい、4月に行った時、聖書を宿泊棟に忘れてきたのです・・・。牧師の商売道具(?)なのに。お恥ずかしい限りです。

my bible

 普段使っている聖書とは訳が違うもので、それこそ20年ちょと前に、大学へ入学したお祝いに出身教会の皆様から贈られた聖書です。コンパクトなので、持ち運びに便利なんです(持ち運び用の聖書は2冊あります)。
 
 車の免許を取り立ての、小雨の降る約20年前から、自分はどんな道を歩いてきたのでしょうか。ところどころページにほつれがある、20年ほど前に贈られた聖書を片手に、何を知り、何を忘れ、何を大切にしてきたのでしょうか。な〜んてことは、あの蒸し暑い内地で考える余地もありませんでした(笑)

 さあ、明日の礼拝では、道であり、真理であり、いのちである主イエスを見上げ、次の20年に向かって一歩を歩んでいきたいなぁと思っております。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |