FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

窓際族の企み

 同じグループに400名を超える牧師たちがおられます。私が属しているある小さな委員会の働きは、その消費税分の%ぐらいには届いているかなぁと思っておりましたが、消費税が8%に上がった頃から「ちょっと怪しいなぁ」と思っておりました。しかし残していくべきものだという価値と使命は持っておりました。

 先日、いつもはスカイプやメールのやり取りで済ませているのですが、新メンバー加入後、初めて顔を合わせての委員会が開かれました。そこで委員長が「この委員会は、窓際族だから」とぼそっと話されました。

 「えっ、窓際族?」と私を含む残り3名の委員は、驚いて顔を見合わせました。自嘲気味に「消費税分ぐらいは」と言っておりましたが、「窓際族」の委員会だったとは(笑) 続く委員長の説明を聞きながら、半分程度は合点しました。「確かに。だから2面の大きな窓に囲まれた、地下の小さな会議室を割り当てられているわけだ!」と笑い合いました。

 あの手この手でかつての予算を半分カットしてきたものの、その努力があまり覚えられておられないままに、さらなる緊縮財政を求められていました。そういう中での「窓際族」として、「よし、やるかぁ!」と今までの方針、使命、目的は変えずに、アプローチを変える方向で話しがまとまりました。

図書館から5冊

 楽しい委員会となりました。2年に一度の事業、向こう4年ぐらいの案を練り、話しが盛り上がりました。今まではやや「パンを投げている」節がありましたが、これからは届けるように、そして自分たちも楽しみながらこの大切な事業に当たっていくつもりです。

 上記の5冊は、図書館で借りてきた本です。左側3冊がそれに該当するもので、夜10時からの読書タイムが楽しみで仕方ありませんでした。乗り越える壁は幾つかあるでしょう。またアプローチを変えると、変化に対するご批判も予想されます。ま、クレームは全部、腹の座った委員長が引き受けてくれると理解しております(笑)

 窓際族の逆襲(?)が始まろうとしています。(具体性の無い文章で、ゴメンナサイ)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |