FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

Good Job!

 先月末の第3回チャペルフェスティバルは、2部のフェスティバル・タイムで会食が進む中でそれぞれが練習してきたものを披露しました。

 「Bayan ko」というフィリピンの国家が奏でられ歌われました。バビロンの川のほとりでシオンの歌を歌うように言われた捕囚の時代の詩篇137篇のようではありませんが、やはり祖国の歌というのは哀愁があります。私が反対の立場でも同じでしょう。

 川柳をろうろうと歌い、ヨハネ3:16のオリジナル賛美が親娘で歌われました。また「美幌町のマライア・キャリー?」と思わせるような、「How great Thou art」(輝く日を仰ぐ時)。このフェスティバルを機会に、バイブル・スタディを受けることになりました♪
 
20150726チャペルフェスティバル3

 子どもたちはそんなに喜んで歌ってはいないのですが、それを見ている大人たちが大喜びです。そういう意味では、Good Jobです(笑)練習してきたオリジナル賛美「詩篇115篇」も、良いハーモニーを奏でていました。

 浴衣を着きて「Every Praise to our God」を賛美してくださったBさんファミリー。私たちの教会でこの賛美を知ったそうですが、私はすっかり忘れていて、歌詞といいメロディといい、素晴らしい賛美ですね。アカペラで歌い始めたCさんの出だしの音が高かったので、だんだん声が出なくなったそうです(笑)

 何と言っても「Praise Dance」は、見応えがありました。何故かハワイアンでしたが(笑)、この日のために何度も集まって練習をされました。特に治療中にこの賛美とダンスを知り、皆さんに呼びかけてくれたDさんに感謝です。ダンスに流れていた賛美(Lord I Offer my Life to You)のように歩まれることを心から願っています♪ 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |