FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

確かなことです

 チャペルフェスティバルの2部で、今回はちょっと高尚に(?)短歌が詠われました。詩心のない私でさえも、これがまたその情景が目に浮かぶようでした。妻が「短歌も賛美なんだぁ」と後でしみじみと言っておりました。

 メッセージのあるショートフィルムを見た後、Sandi Pattyの「Via Dolorosa」が賛美されました。映画「Passion」の背景が流れる中、辛い仕事をしながら、しかし主の十字架を思いながら練習してきたMさん。「自分の苦しみを、神の福音との関わりの中で受け入れることが出来る人は、その苦しみを『キリストのための苦しみ』とすることができるのです。(ピリピ1:29)」というS先生の言葉を思い出していました。

20150726チャペルフェスティバル4

 美味しい鳥の照り焼きを作ってきてくださったAさんが、「君は愛するため生まれた人」を賛美し、皆さんで輪になって一緒に詠いました。続いてエンディングとして皆さんで「OH HAPPY DAY」を賛美しました。主イエスのゆえに、愛とHAPPYが1つになっていくことを覚える1日でした♪

 今回、H君が写真を撮ってくれました。本当は用事で出かける予定だったのですが、車が故障したためにフェスティバルへの参加となりました。本人曰く、「これも神様だと思う」とのこと。車を壊したのは神様ではないけれど(笑)、2人をしっかりと大きな手を広げて神様が招いてくださっているのは確かなことです。

 三浦綾子読書会に集われているOさんが、三浦綾子さんの書籍の中から心に残る言葉やエピソードを紹介する予定でしたが、所用のために来れなくなりました。そこで私が代読、Oさんが選ばれる場面の優しさに包まれながら、三浦綾子読書会のアピールもしておきました。

三浦綾子読書会の案内
(「北見三浦綾子読書会」)

 さあ、明日も主の大庭にいる1日を過ごします。「OH HAPPY DAY」となりますように。午後2時から三浦綾子読書会です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |