FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

10年前の自分を想像してください

 調子が悪くて休まれていた方が、まだ回復途中ですが少し良くなって出席できました。この日は、長崎に原爆が投下された日です。逃げ回ることもなく、今日のように日曜日の朝、共に集まって主を礼拝できる1日を感謝しつつ、平和を造り出すピースメーカーとして用いてくださいと祈りました。

 先週、北見の首長が自ら命を絶つという悲しい出来事がありました。市民として、北見市にあるキリストの教会として、心を痛めつつ、ご家族の慰めを祈りました。また北見市政のために、オホーツク地域のためにとりなして祈るひと時を持ちました。

 午後からは「北見 三浦綾子読書会」(レポートあり)、夜はⅡ礼拝がありました。

 以前にも紹介しましたが、横田早紀江さんは「聖書の言葉によって自分を見失わずにすむことができた」とその書籍に記されています。揺れ動く情勢と気持ちの中で、神の言葉が早紀江さんを支えたのです。



 創世記6章から9章までのノアの出来事で、1つの大きな特徴的なことがあります。それはノア自身の語る言葉は、最後の9章にしか出てこないということです。箱舟を作るように言われた時も、ノアは何一つ不平も不満も言わず、主の言葉に従いました。部分的ではなく、全て神の言葉に従ったのです。



 私たちは慰めの言葉、励ましの言葉を主から聞きたいと思います。しかし主なる神が命じるほどに、あなたに強く願っていること、語っている命令があるはずです。他の人ではなく、主があなたに命じていることがあります。神を愛するとは、その命令を守ることだと聖書は教えています。どうでも良い言葉ではなく、命令は命に関する言葉です。私たちが祈りの中で神に命じるのではなく、神が私たちに命じていることを聞き、それに従う時、私たちの命は生き生きとしてくるのです。



20150809
(250字のメッセージのエッセンスは、コチラ

 私たちの主なる神は、ただ命令だけをするお方ではありません。命じたとおりにするかしないか、雲の上にいてじっと私たちの姿を眺めているのでもありません。神はその心を向ける者を無視するようなことはありません。神の言葉を守ろうとする者を、その背後にあって助けて下さる方なのです。主の言葉に従いますと決心し、そのように生きる者を、主は責任をもって導かれるのです!



 主の言葉に従い、主が共に働いてくださったTさんやGさんの証しは、2人が特別だからではなく、同じキリストを信じているゆえに、同じように主が共に働いてくださることを私たちの教会に示すために与えられた証しです。その主をたたえようではありませんか!



 10年前の自分を想像してください。簡単です。今から10歳年齢を引けばいいはずです(笑)その10年前の自分が、10年後の今の自分を想像する事ができたでしょうか。家庭、自分の伴侶、子どものこと、職場、この10年間に様々なことがあったでしょう。まさか10年後にこんなに祝福されるとは思わなかった、そのように神の恵み深いことを噛み締めている方もおられるでしょう。主を信じてきた兄姉は、特にそうではありませんか。



 今、こういう所を通るなんて想像もできなかったという所を通っておられる方がいるでしょうか。それでも、神様を頼り、神様を信じ、神の言葉を握り、従い、どこまでも神から離れないで行く時、主もあなたを離れず、愛と恵みで人生を導きます!やがて全ての歯車が噛み合わさっていくように、万事が益に変えられていきます!後から振り返って見た時に、確かに主が働いておられた、私の人生を導いておられたということを体験することができるのです。主は共に働いてくださるのです。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

礼拝メッセージの断片集 |
| ホーム |