FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

手すり

 9月の最後の週、関西で会議があったので、実家によって2泊してきました。2泊と言っても1日目は夜遅くに到着したので寝るだけでしたが、もう1日は実家でゆっくりと過ごすことができました。

 姉一家が実家の敷地内に引っ越してきたので、北の果てにいる私としては安心しきっているのですが、ありがたい思いと申し訳ない思いと、その他、言葉には表しにくい思いが混じり合っております。

手すり

 ちょうど1階と2階に、今まではなかった手すりを取り付ける工事がなされていました。

 長いようで短いようで、否応なく年月は重ねられていくということ。必然と変わりゆくもの、同時に変わらなければならないものもあるでしょう。また変わらないもの、あるいは変えてはいけないものもあるでしょう。

 何だか「元祖天才バカボンの春」ならぬ、43歳の秋でした。自分でも何を言ってんだか、という感じです(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |