FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ヒヤリ・ハット

 11月22日の礼拝を終えて、すぐに札幌へ向かいました。いつものように5時間弱で着くと思っていましたら、途中でかなり吹雪だし、自動車専用道路が50kmの速度規制となりノロノロ運転となりました。

20151122旭川紋別自動車道
(11月22日 浮島付近)

 吹雪のために「視界不良」の中、この日のワーシップセミナーの「司会不可能」の連絡を入れました。さすが道産子のS先生「ゆっくり、あわてないで、来てください」と、ゆっくりと丁寧に語られました。

 6時始まりのセミナーに、結局7時を過ぎての到着になりました。恵まれたワーシップセミナーの模様は、またいずれの機会にレポートします。

 22日(日)、23日(月)と、「札幌は雪が無いなぁ」と思っていましたら、24日(火)の朝には一面銀世界になっておりました。その後、11月としては記録的な大雪となり、一路、北見へ向かいました。

20151122岩見沢付近
(11月22日 岩見沢付近)

 途中、遠軽を過ぎてしばらく走っていると、明らかに路面がおかしいと分かりました。真っ黒い鏡のようになっていて、「ブラックアイスバーン」だと分かりました。2台前のトラックが左に寄って「お先へどうぞ」と合図したのも、「プロが危険を予測した」と分かりました。

 いつも以上に車間距離を取っていると、急に1台前の車が反転スピンをさせ、反対車線を滑りながら今度は左にそして右にと振られながら、何とか車の態勢を立て直して走り始めた数十秒後、対向車線に大きなトラックが走り過ぎていきました。あと数十秒の差で・・・・。

 車間距離を充分にとっていたとは言え、後ろで運転していた私もドキドキでした。大きな事故にならないために、こういう「ヒヤリ・ハット」によって、心の手綱が引き締められます。

 スピンをされた運転手さんは、自動販売機の前に車を停めていたので、恐らくコーヒーを飲みながら一息ついておられたことでしょう。

 雪の降り始めるこの時期、けっこう危険です。ニュースでも多くの事故が報道されていました。

 明日の礼拝、どうぞ全ての方々が安全に来ることができるように、そういう切なる祈りを捧げる季節がやってきました。もちろん礼拝後は「無事に帰られますように」という祈りもセットです。

PS.
 今日の土曜日、暴風雪警報の出ている網走まで、どうしても行かなければならない用事が出来てしまいました。通行止めにならないように、また無事に行って帰って来れるようにと祈りつつ。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |