FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

カーディガンのボタン

 11月の半ば過ぎ、所属グループの総会(決算・予算)に出席してきました。全国の諸教会から51人の代議員が選ばれて、主の御心がなるように祈りつつ話し合われました。

 その裏方を支えるのは、事務所の皆さんの他、将来の牧師・伝道師となる神学生の皆さんです。朝食準備が無くなり夕食もお弁当類になったこと、宿泊棟が出来たこと、施設が新しくなったことなど、一昔前に比べれば総会に対する仕事量は軽減されているとはいうものの、見えるところ見えないところでよく仕えておられました。

お薬用

 食堂では食後にお薬を飲まれる先生方用に、きちんと水を用意していたことに、とっても感心しました。私の予想では51人中7−8人が70歳以上、同じく60歳以上も7人ぐらいおられます。牧師は日本で2番目にストレスの多い職業と言われていますから、体もいろいろと差し障りが出てくるもので、常備薬を飲まれている先生方も多いことでしょう。やさしい配慮ですね。

 さて総会の席上では、いつも含蓄のある発言をなされるT先生が、眼鏡の奥を光らせながら優しく、しかし鋭く、マイクを通して話されている姿を、席の関係上、私は一番近くで見つめておりました。

2015年の総会の様子

 するとT先生、発言に夢中になりながら、右手でカーディガンのボタンを上から1つずつゆっくりと外されました。そして今度は下から、先ほど外したボタンをゆっくりと留めておられました。私の観察では2往復、ゆっくりと外して、ゆっくりと留めておられました。

 その無意識のしぐさの中で、ボタンの掛け違いはなされなかったのと同時に、発言の内容も真に的を射たもので、歴史を大切にされるT先生らしい、襟を正して聞くべき事柄でした。

 休憩時間にT先生が若輩者の私のそばに来られ、強い励ましの言葉を述べてくださいました。私の視線は思わず先生の右手に向かいましたが、その時はみかんを握っておられました!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |