FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

清浄の樹

 もう1ヶ月前になる12月6日の朝、「あ”〜〜〜・・・・」と思わず口から出てしまう事態が起こりました。CDを取ろうとした時だった思います。ラックの上にあった観葉植物に私の腕が触れた瞬間、無惨にもカーペットの上に落ちてしまいました。

清浄の樹

 この日は牧師にとって一番大切な日曜日の朝。しかも祈り続けて準備してきた森下辰衛先生を迎えての特別礼拝。用事で階下に降りている「妻が来る前に何とかしなきゃ」という思いと同時に、「なんでこんなところに観葉植物を置いてんねん!(怒)」というイライラした思いも、ぶくぶくぶくぶくと泡立つように湧いてきます。

 「だいたいこんなにカサカサになった土、なんやねん!軽すぎるから落ちるねん。水やってないんちゃうんか〜」と、本音の部分は関西弁が出てくる私。それでも大きく深呼吸しながら、「今日は大事な日。めちゃめちゃ大切な日。落ち着け、落ち着け。きっとこれはこの日の特別礼拝が恵まれるのをサタンが嫌がって、牧師を苛立たせるように、いろいろとちょっかいだしてるんや。その手には乗れへんからなぁ」などと自らに言い聞かせ、掃除機をかけ始めました。

清浄の樹2

 平常心を装いながら、この観葉植物のラベルを見ると「清浄の樹」。「こんなに汚しておいて何が清浄やねん!」と自分に笑い突っ込みしながら、同じくラベルの説明文に「ご注意:10月から3月までは水を与えないで下さい」と銘記されておりました。土がカサカサなはずです。

 妻とサタンも迷惑するほどに、自分の腕に当たったことが不動の第一原因であることを天井裏まで上げてしまう私でしたが、反省して悔い改めて特別礼拝に臨みました(笑)もちろん恵まれましたよ!主のあわれみです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |