FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

まぶしい! 【No.17】

 決して怪しい人物ではありません。キリスト教会の牧師です(笑)

グラサン

 先日、訪れた美幌峠の道の駅でグラサンを購入しました。いかつく見えるとか、似合わないとか、そういうことはどうでもいいですねぇ。まぶしくてまぶしくて、グラサンなしには運転がしにくいんです。

 「ジリジリと焼きつけるような日差し」、と言うと南国をイメージしますが、ここ北海道の北見の日差しも、けっこう強いものです。女性は日焼け止めが必要ですね。真っ白の雪に反射してまぶしいのかなぁと思っていましたら、雪のないところでもけっこうまぶしいのです。

 北見は年間を通しての寒暖の差が大きく、夏は30℃を越え、冬はたまにマイナス20℃を越えることもあるそうです。また朝夕の寒暖の差も激しいなぁと感じています。ジャンバーを着て出かけようと車に乗り込むと、「暑い」のです。日差しが強いので、密閉した車の中は、温度が上がります。買い物に出かけると、日中はみなさんけっこう薄着なんですね。

 ところが夜になるとやっぱり寒いんですね~。少しの時間だからと暖房のない部屋で作業をしていると、体が冷えてくるのが分かります。筋肉が痛くなるような冷たさです。

 まだ慣れない気象条件ですが、この寒暖の差こそが北見特産の玉ねぎを産み出しているそうです。全国的にも日照時間が長く、盆地特有の寒暖差の大きい気候、この差が玉ねぎの甘さをひきだしているというのです!

和辻哲郎の「風土」を持ち出すまでもなく、風土と精神構造には大きな関連があるのでしょう。この寒暖の差という気象条件のもと、私の中からどんな甘味が引き出されるのでしょうか?
日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ゴミの値段 【No.18】 | ホーム | キャッチコピー 【No.16】>>

コメント

怪しい(^w^)笑
2009-05-01 Fri 08:30 | URL | ゆり [ 編集 ]
「チョイ悪」っぽくない? 笑 v-26
2009-05-01 Fri 09:30 | URL | ひよ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |