FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

そっくり

 昨年12月から今週日曜日まで、牧師が常駐していない紋別の教会にN神学生が派遣されてきました。神学校に入学したばかりの、ピカピカの1年生です。いいですね、フレッシュマン。

 神学生が紋別派遣の際には様子を伺いに行っているので、神学校で会った時に「1回は陣中見舞いに行くからね〜」と話していました。以前から紋別に神学生が来られると女性であったり、本州出身であったりしたので、気にかけていました。

 ところがよくよく考えてみると、N神学生は北海道出身でしかも牧師の息子。別に心配はいらないし厳寒期に紋別往復も吹雪くと大変だと思い直し(?)、「気が向いたら行くから〜」という声掛けに変わっていました。

 私はその程度に考えていたのですが、N神学生は「北見に行ったことが無いので」「主管牧師、出身教会の牧師の許可を得ましたから」と言われるので、それではと年末感謝祈祷会を1日早めた火曜日に変更し、紋別まで迎えに行ってきました。

年末感謝祈祷会1

 年末感謝祈祷会では、どうしてキリストを信じるようになったのかということ、そしてどうして牧師になろうと決心したのか、その2つをお話してもらいました。なるほど、ふむふむ、ほ〜っと、神様は画一的にではなく、一人ひとりに丁寧にご自身を示されるお方だなぁと主を賛美しました。

 それにしても、お父さんのN先生そっくり!顔の形から、背の高さ、話し方、手の平の大きさ、そして身振りまでも(笑)こんなに似るものなのですね。もちろんお母さんのC先生の優しさも、しっかりと受け継いでおりました。
 
年末感謝祈祷会2

 祈祷会後に近くの銭湯風の温泉に行きました。外の露天風呂の浸かりながらいろいろと話しをしていると、髪の毛がパリパリパリ、みるみるうちに凍ってきました。

 一泊後はバスに乗って、行ったことのない釧路に向かい、日帰りで札幌を経由して岩見沢に向かったとのこと。ご両親とともに良き年末年始を過ごしたことでしょう。 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |