FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

果てしない・・・

 一昨日、午前中4時間かけての雪かきとなるその日の朝、大荒れの吹雪の中だったので、顔が痛いんですよ。横なぐりの雪が目にも入ってくるので、スキーヤーのようなゴーグルが必要ですね。

20160120教会の駐車場
(2016年1月20日 教会の駐車場)

 この山を見ながら、しばしたたずんでおりました。「果てしない・・・・」と思いつつ。既に雪かきを始めておられたお向かいのアパートの女性と挨拶を交わすと、「車も出られず、路線バスも止まってしまい、今日は休みをとることになりました」とのこと。こんな暴風雪なのに、有給休みの扱いなんですね(職にもよりますか)。

 道産子の妻なのですが、「この道路の雪の量は、一般市民の雪かきの量を超えている」と言います。恐らく一晩中あちこちを回ってきた除雪車が、やっと教会前の道路にもやってきました。

20160120教会前の道路②
(2016年1月20日 教会前の道路)

 妻は今までのように「もう少しこのあたりもお願いします」と、声をかけるのですが、この日ばかりは除雪車の作業員も(心を鬼にして)無視を決め込んでおられます。そりゃそうですよね。この後も除雪を待っている道路がたくさんあり、そして次から次へと雪が降ってくるのですから。

 除雪車は確かにありがたいのですが、住宅道路では排雪をしてくれません。ただ自動車が通れるように雪を両端にかき分けるだけです。その両端に大きく山となった雪は(しかもこのかき分けられた雪は重い!)、結局、住民がその雪の始末をするわけです。それでも車が通れるようにしてくれるのは、とても助かるのです。

20160120換気口付近
(2016年1月20日 換気口付近)

 この後、3時間ぐらい雪かきをしている最中、緊急連絡が入った時のために持参していた妻の携帯メールが鳴りました。このメールのおかげで、5−6時間かかったであろう午前中の雪かきが4時間で終わることになりました。その理由は、また明日ということで。 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |