FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

あれか、これか

 先週水曜日(1/20)の暴風雪の日に、「明日、飛行機が飛ぶように祈っています」というメールがI先生からありました。そこで「今日は雪かきでヘトヘトになりました。この後、夕食後にも雪かきがあり、明日の飛行機が飛ぶようだと朝早くに雪かきをして出かけることになります。委員の先生方には申し訳ないのですが、明日は飛行機が飛ばないことを願っています」と返信しました。

 すると「飛行機が飛ばないように祈っています!」と返信がありました(笑)厳密に言うと、飛行機が飛ばなくなるということは、前日に引き続いての大雪になるので、それはそれで大変だと言えば大変なのですが。

20160121の朝
(1月21日の早朝)

 結局、私の願いとI先生の祈りは聞かれず、飛行機が飛ぶことを早朝5時に確認しました。そこで、飛行機の時間に間に合うように出発するまでの間、雪かきにいそしんだのでした。

 上の写真は午前6時頃なのですが、意外と明るく、おだやかな様子でしょう。雪の日はフラッシュをたくと、その様子がよく伝わります。同じ日の同じ時間、同じ場所をフラッシュ有りで撮った写真が下のものです。

20160121の朝②
(1月21日の早朝②)

 ずいぶん雰囲気が違いますよね。不思議です。この日は1時間半ほど雪かきをして、妻に北見駅のバスターミナルまで車で送ってもらいました。前日からの雪で2車線の道路が1車線になり、主要道路は大渋滞です。近道をしようなんて考えると、除雪されていない道にはまり込んでしまうのがオチです。

 何とかギリギリ空港行のバスに間に合いましたが、今度はバスの運転手が「空港に到着するのが遅れるかもしれません」とのこと。ふーむ。「公共交通機関のバスが遅れて、飛行機に乗れなかった場合のキャンセル料や払い戻しはどうなるのだろうか」と考えておりました。

 「もっと早く走れ!」と思うものの、バスの事故が相次いでいるので「いやいや急ぐな、安全に」という思いが交錯しつつ、今まで路線バスでは締めていなかったシートベルトを着用していました。

 無事に飛行機にも間に合い、前日に引き続いて朝早くからも雪かきをしていたので、きっと飛行機の中では爆睡だろうと思っていましたが、何故か目が冴えてゆっくりと読書を楽しむことができました♪

 飛ぶように、飛ばないで、でも降らないで、急げ、いや急がないで安全に、でも間に合うように、寝よう、眠れない、そんな先週木曜日の午前中でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |