FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

揺れる季節の中で

 先週木曜日の21日、出張に出掛けてゴロゴロゴロゴロとお気に入りの赤いキャリーバックを転がしていると、陰には月曜日に降ったという雪が残っておりました。雪国から来たからか、ちょっとずつ残っているその控えめさがかわいくていいですね(笑)

 しかしどうも花粉が早くも飛んでいるというニュースを見たからか、目がショボショボというよりもシバシバというか、むずがゆくなってきました。心理的なものでしょうか、それとも実際に飛んでいるのでしょうか。暖冬だったり、寒波や降雪、そして花粉と、ややこしい季節感ですね。

 北国の雪かきも大変ですが、思い起こせば内地にいる時は花粉も大変でした。雪国に来てスギ・ヒノキの花粉症から解放されたことは私にとって恵みです。若干、白樺花粉はありますが、スギ・ヒノキに比べたら、お茶の子さいさいです♪

20160121の東京(2016年1月21日 女子栄養大学の校門付近)

 1泊後の朝、会議前に神学校のチャペルに出席しました。何とM先生がメッセンジャーではありませんか。卒業2年目とは思えない落ち着き、貫禄(?)です。期待の大型新人という感じです(笑)

 神学生の頃から「先生〜、雪かきしに行きますから」と何度も何度も私に言ってくれる優しいM先生。しかしつい先日、はるか遠くのイスラエルには行かれたようですが、一度も北見には来られません(冗談です)今回も「いつの日か雪かきに行きます」とメールをくれました。

 それでも「沖へ漕ぎ出し、網を降ろしなさい」と、M先生を通して神の言葉が確かに語られました。季節感までもが揺れ動く中で、いつまでも変わらないこの主の言葉を聞くために、今回の出張があったかと思うほどに迫ってきた朝でした。感謝。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |