FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ちぐはぐな

 先週の日曜日の夜、Ⅱ礼拝のために1階に降りようとした時にそのメールを受信しました。それはK先生の召天を知らせるものでした。全く言葉になりませんでした。

 その後少しして、同じ委員会でご一緒していたN先生から電話がありました。N先生は「K先生のことで、ちょっと先生と話しをしたくて」と言われるのですが、お互いに心の整理がつかないままの電話で、何とも言えないちぐはぐな会話となりました。

 同じ委員会に属し、多くの時間を共に過ごしました。私がまとめた報告書の赤ペン先生をしてくださり、適切な文言へ修正していただきました。何よりも人の見ていないところで、誠実に忠実に働きをなされる先生の姿から多くを教えられました。

 昨年9月に、K先生が仕える教会を訪れました。その時のことを記したblogにも触れましたが(「いま立っている」)、K先生の説教と言えば私にはロマ書5章が思い出されます。

謹賀新年

 私のパソコンの横に、K先生からいただいた年賀状を吊るしました。先生が握られたと記されているその御言葉が、先生の愛されたご家族と教会に成就していくことをお祈りします。

 「故郷の宣伝です」と言って、ポンジュースを送ってきてくれたことがありました。「僕は手伝いにいけないから、雪かきの合間にでも」と気遣ってくださいました。そのK先生は、天の故郷に行かれたのですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |