FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

4月最初の礼拝

 4月最初の礼拝、私は紋別へ出かけました。北見の礼拝は、年の初めに長老的な存在であるIさんに礼拝説教をお願いしていました。大きな手術を2度も乗り越えた86歳の人生の先輩者です。少し風邪気味の一週間だったので当日の体調を気にしていましたが、聖霊に励まされて力強く語られたと聞きました。

 キリストが「道・真理・命」であることを大胆に語れるのと同時に、今、ここにいるということ、この教会に連なっているということを、主の霊に感動しながら語られたそうです。「いま立っているこの恵み」(ロマ5:2)を味わわれていることに、その場にいなかった私の心も震えます。

20160403

 前の週のイースター礼拝は、「突き抜けた喜び」を私は期待していたのですが、はらはらと大粒の涙を流されたIさん、教会に来る前から涙が溢れでていたらしいCさん、洗礼式後その場に座り込むように号泣されたMさん、受洗の喜びを自分のこと以上に喜んで男泣きされたKさんなどなど、喜びの涙があふれるひと時でした。

 そういうイースターの洗礼式の翌週、牧師が留守している礼拝を感謝と喜びをもって守られた皆さんに感謝します!(牧師が留守していることに感謝と喜びをもっていたのではありませんよ!多分・笑)

20160403フキノトウ

 紋別まで片道約95km。所々にフキノトウが芽を出していました。雪の下、春を待ちながら芽を出すのをじっと待っていたのでしょう。何だか嬉しいですね。北見でも紋別でも、春がやってきました!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |