FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

裏方に徹して

 祈りつつ準備してきた「塩狩峠」映画上映会&講演会が、日曜日に新しい図書館で持たれました。「北見 三浦綾子読書会」のレポートでも触れましたが、何と映画会の参加者が244名だったのです!!!

 礼拝を12時過ぎに終え、「12時半過ぎには教会を閉めますので、急いで昼食を食べましょう!」とお伝えしました。1階がいっぱいだったので、2階の牧師館で急いで食事を終えて私たち夫婦が12時半に1階に行ってみると、もぬけの殻とはまさにこのことでした。

 1時から予約していた会場に少し前から入らせていただき、事前に決めていた役割分担に従って皆さんが機敏に動いておられました。そして廊下に並び始めている方々を1時15分に会場へ案内し、予定していた開場の1時半には、下記の写真のように人々で埋まっておりました。

映画会&講演会1

 椅子を並べる方々、入り口に立って笑顔で迎え入れる方、来られた方を前の方から誘導する方、車椅子の方が入れるように整えてくださる方、どんどん入ってくる方々に対応して室内の机や椅子置きを廊下に出してくれる方、案内を渡す準備をされ声をかけて手渡しされる方々、ビデオカメラの録画方法を緊張するほどに覚えてセットして録画する方、初めての設備の音響の操作する方、空調を整える方、図書館の方と連絡を取ってくれる方、自分の席を他の方に譲ってくださり地べたに座って見られた方、地べたに座る場所もなく席を譲られて視聴覚室の外に出られた方々、映画会と講演会の間中ずっと子どもの面倒を見る方・・・・。

 「塩狩峠」を通して福音が語られ、244名の方々が集われたことも、もちろん大きな喜びです。しかし同時に、あるいはそれ以上にと言ってもいいのでしょうか、上記以外にも私が気づいていないところも含めて教会の皆さんが心を一つにして水を汲む僕(ヨハネ2章)となって、裏方に徹してくださったことが私は何よりも嬉しいのです。

 しかも私自身の大きな失態があったにも関わらず、教会の皆さんの一つとなった信仰と希望と愛に、主なる神が働いてくださったことを覚えずにはおれません。(大きな失態は、また明日・・・。)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |