FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ハンパないヤバさ

 3月末の関西教区中高生スプリングキャンプで、少学科の講師はY先生でした。私は初めてお会いしました。お父様に似てすら〜っとしていて、なかなかの好青年です。

 最初の日と最後の日に前へ出て並ばされましたが、最終日なんてS先生とY先生との間に挟まれて、より一層、私の小ささが目立ちました。これは、モラハラだ(笑)

20160330最終日
(S先生とY先生に挟まれて)

 少学科でY先生は、「キリストの愛はハンパない」と語られたようです。そうですよね。私のボキャブラリーには「ハンパない」という言葉はありません。しかし小中高生向けにお話しをする時は、時おり彼らに届く言葉を用いて語る必要がありますね。

 感想文の欄外に、以下のように書かれていました。

hey say jump

 申し訳ないのは、彼らのことは何者か知っているものの、メンバーが何人いるのか、その内の1人の名前すら知らないことです。「『てごし』なんとかっていう人がいたかな?」と思って調べたら、違うメンバーでした(笑) SMAPやTOKIO、嵐ぐらいまでは何とか分かるのですが、Hey! Say! JUMPになると、たとえ彼らが電車の中で吊革を持って目の前に立っていたとしても私には分からないでしょう。

 アンジェラ・アキの「手紙〜拝啓 十五の君へ」で涙する中学生の気持ちは、よく分かります。もう8年前の動画とは言え、今の中高生にも同じように響くのではないかなぁと思っているのですが???

 小中高生の興味を知り、彼らのボキャブラリーも使うぐらいじゃないと「ヤバイ」(新しい意味)メッセンジャーではないでしょうね。もしそう出来ないと、次世代に真の重荷を持てない「ヤバイ」(以前の意味)メッセンジャーとなってしまうでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |