FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

その枝は

 4月4日に聖書学校の入学式がありました。私は通信科の実務委員をしていることもあり、入学式に参列する・・・・には朝一番の飛行機に乗っても無理なので、午後からの説明会から参加しました。

 私が担当するコースには10名の方々が入学されました。在校生やコース変更生も加えて14名の皆さんの学びのサポートをすることとなりました。入学式後の説明会では、新入生にコースやシステムの話しが続きました。質疑応答も熱心になされました。

20160405
(入学式の翌日、4月5日の桜)

 私も担当コース生に「学びの心得」をしっかりと語ろうと思いましたが、何人かの方々は飛行機や夜行バスなどの時間となり、途中で退席されました。午前からの入学式、続く午後からの説明会は、午後6時頃まで続くほどに、内容が充実していました。

 私は今年から担当コース生の他に、伝道者コース生3名のメンターをすることになりました。月に1度、スカイプで約1時間ほどの面談をしています。学習状況、日曜派遣教会での奉仕の様子、神学生としての歩みなどなど、あっという間の1時間ですね。

20160519
(5月19日)

 5月に入り、新入生の皆さんも少しずつ学習ペースをつかんでおられるようです。学習状況を確認しながら、時々、はっぱをかけることもあります。仕事をしながら夜9時、10時に帰ってから学ばれる方、子育てをしながら学ばれる方、それぞれの状況は様々ですが、彼らの向こう側に何十人もの方々がおられることを思いながら、エールを送っています。

 先週、あの桜の木が緑の葉っぱを揺らしているのを見ながら、1つの御言葉を思い出していました。

 「ヨセフは実を結ぶ若木、泉のほとりの実を結ぶ若木。
  その枝は、かきねを越えるであろう」創世記49:22



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |