FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

あの雪の日に

 「雪の降った日に、皆さんと一緒に祈ったということで、私にとっても忘れられない日となりました」。4月29日(祝・金)、たまにあるとは言え、やはり季節外れのGWの降雪に、講師のS先生が話されました。

20160429

 S先生は、聖書学校の2年後輩。私は最上級生で「面倒をよくみました」と勝手に口外しています(笑)そんな先輩風を吹かしている私ですが、S先生のへりくだる姿には敬服しています。

 S先生との用事の電話を終えた私に、「もっとS先生とお話しをした方がいいよ。S先生と話している時のあなたの口調は、とても優しいから」と妻に言われたことが何度かありました。真実に謙虚なS先生の言葉の前に、私の鼻っ柱が自然に折られていくのでしょう。

20160429の様子

 そんなS先生がピリピ書を通して力強く主の言葉を語ってくださり、また信徒一人ひとりに手を置いて祈ってくださり、私たち一同、共に励まされました。主の御前に出て祈ることができました。祈りつつ送り出してくださった名寄の教会の皆さん、そしてS先生のご家族に感謝します。

 GWの初日、思わぬ雪に見舞われましたが、あの雪の日に祈ったこと、そして主が咲かせてくださる花があること、実を結ばせてくださると信じ、希望を持ちました。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |