FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

オオサカバアチャン

 先月の浜名湖での祈祷聖会で、耳を疑うような言葉を聞き、目を大きく開いて驚いてしまった情景があります。それはY先生が小さくて可愛いお孫さんから「オオサカバアチャン」と呼ばれていたことです。

 さらに驚いたことは、「オオサカバアチャン」と呼ばれたY先生が、もはやその言葉と言葉を発するお孫さんを嬉しそうな優しい微笑みで受け入れられていたことです。

2016年6月函館
(行きの飛行機で函館の街がくっきりと見えました)

 離れて暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんをその地名と共に呼ぶことは普通のことでしょうが、あのエレガントなY先生が「オオサカバアチャン」になっておられたとは・・・。

 そうするともう一人のおばあちゃんは、「『ナゴヤバアチャン』と呼ばれているの?」と尋ねると、「○○子さん」とファーストネームで呼ばせておられると、もう一人のおばあちゃんの娘であるK先生が教えてくれました。さすがですね(笑)

オオサカバアチャン

 さて、おかゆに用いるはずのお米が余ったので、そのK先生に持って帰ってもらうことになりました。するとK先生、「ありがとうございます。とっても助かります。すぐにお米がなくなるんです。食べ盛りのようです」と仰られました。てっきり「オオサカバアチャン」と呼ぶ自分の娘が食べ盛りかと思いきや、「食べ盛りのようです、主人が!」とのこと。

 K先生は名古屋出身だと思うのですが、大阪出身のご主人と結婚したからか、「ナゴヤカアチャン」ならぬ「オオサカカアチャン」の素養アリです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |