FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

予想外の答え

 日曜日の礼拝メッセージの中で、神の言葉を人格的に聞くことの大切さを分かち合いました。その時、人格的に聞くということは、主なる神が不特定多数に語りかけているというよりも、私たちの名前を呼びつつ語られていることを知ってもらうために、「ね、◯◯◯さん!」とHさんの名前を呼びました。

 名前を呼ばれた本人がビクッとしたところで、「全体に語っていると思っていたのに、自分の名前を呼ばれたら驚きますよねぇ。その驚きはとても大切で、主なる神は私たちの名前を呼びつつ語りかけるのです」という言うつもりでしたが、Hさんは微動だにしませんでした(笑) 

 夜のⅡ礼拝で、アブラハムが行き先を知らないで出て行ったこと、しかしその言葉を語られた方、共におられる方がどんなお方かを知っていて、信頼して出て行ったことを分かち合いました。その時、Mさんに「Mさんも今の家に引っ越す時、よーく調べて、よーく考えて契約をして引っ越されましたよね?」と尋ねました。

 するとMさんは「それが即決でした。不思議な出会いでした。実は・・・」と、今の家を購入するいきさつを味わい深く話してくれました(夜の礼拝は仕事を終えた後の少人数なので、リラックスした雰囲気で行っています)。「引越し先をよく知らないで引っ越すってあり得ないですよね」という共感を引き出すことは出来ませんでした(笑)

 Ⅱ礼拝後、「(奥様が車で里帰りをされているので)今日は、自転車で来られましたか?」とMさんに尋ねました。ほぼ間違いなく「そうです」という返答を予測していたところ、「いえ、違います」とのこと。「えっ!仕事を終えて歩いてきたんですか?」と尋ねると、「いえ、違います」と言われるので、「まさか走ってきたんですか?」と畳みかけて尋ねると、「いえ・・・。実はキックボードに乗って来ました」とのこと。

キックボード1

 「キックボード!!!」全くの予想外の返答でした。職場にもキックボードで通勤されたそうです。私の頭の中にはキックボードなる選択肢は、全く思いつかないことでした。キックボードのMさんは、さっそうと夜のしじまに消えていきました。

キックボード2

 名前を呼ばれても微動だにされなかったHさん、引越しを即決され、キックボードで礼拝に来られたMさん。3つの予想外がありました。私の小さな頭の中での計算通りにいかないからこそ、面白いのでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |