FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

騒いでいる間に

 7月のある日、車を停めて教会の駐車場付近を歩いていると、「んん〜? えぇ〜!?」と思うような教会の壁を発見しました。それが下の画像です。通常化はこの穴にFF式ストーブの給気口があります。しかしそれが無くなっているのです。

あれ?

 私の頭の中は、いろいろな想像が巡っていました。「誰かが給気口を盗んだか?」、「誰かが車で給気口付近をぶつけてしまったか?」、「ここの壁にはもともと吸気口ではなく、ウレタンだけだったか?」、「いやいや、確か母子室のストーブの給気口があったはずだ」などなど。

 しばらく穴を覗きこんだりしながら、やっと思い出しました。そうです。7月に入ったら「母子室のストーブを分解掃除に出しておくから〜」と妻が話していたのでした。FF式ストーブの分解掃除って、給気口も掃除するんだと初めて知った道民生活8年目の私でした。

通常
(通常、あるはずの給気口の煙突)

 北海道の夏の時期は、ストーブの分解掃除の季節でもあるようです。9月や10月になって依頼すると、すぐに寒くなってきて間に合わないとのこと。

 そう言えば、お盆が過ぎた先週あたりから、もう除雪機のCMが流れておりました・・・。台風、台風と騒いでいる間に、秋の前に冬備えをしなくてはいけないようです。はっや〜。

 7月に出した分解掃除のストーブは、8月になって無事に母子室へ戻ってきました。さあ明日は礼拝です。私の心の中のススも罪もごちゃごちゃしたものも、全部すっきり分解掃除していただくように、聖なる神の愛に満たされる礼拝となりますように。(妻は紋別での礼拝奉仕です)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |