FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

はらはらと

 今年から全国三浦綾子読書会の運営委員になりまして、10月に開かれる全国大会に出席する予定です。正式には、その全国大会で運営委員になるそうです。

 北見の教会としても3箇所の読書会に関わっていますから、より良い読書会となるために全国の読書会から様々なことを学びたいですし、同時に少しでも何かお手伝いできれば感謝だと思っています。

 そうしたところ、早速、全国大会の案内作成の依頼がありましたので、今年の6月に作成しました。それが下のものです。

20161027-29全国大会(表ページ)
(クリックしても、これ以上は大きくなりません)

 ばらすのは良くないのかもしれませんが、画像の湖は琵琶湖ではないということは公然の秘密扱いでお願いします(笑)海外のフリーサイトからいただきました。クレジット表記もいらず、加工しても良いということで、元画像では女性がスマホを見ているものでしたが、読書会の案内なので本のシルエットに加工しました♫ 本らしく見えるでしょう?
 
 それにしても豪華なプログラムです。けっこう詰め込んでいる感があり、充実していますね〜。この内容とまた私の作成した案内も手助けしたのか(その検証はなされていませんが)、9月末の締め切りまで1ヶ月以上ある段階で1日目の定員に達し、2日目以降の参加となり、事務局が対応に追われているそうです。

20161027−29全国大会(裏ページ)
(クリックすると、けっこう大きくなります)

 この案内の裏面のデザインにビビッときた方はいないと思われますが、10月に発刊予定の教区創立60周年記録誌の中でも使っている「インフォグラフィック」的なデザインです。同じ時期に幾つかのものを手掛けると、同じようになっちゃいますね。

 全国大会の中でちょっとした役割も担っているので、8月中に『細川ガラシャ夫人・上下』を読み終えました。最初の方にある、明智光秀がお嫁さんをもらう場面に、不覚にも涙がはらはらと・・・。全国大会の3日目は朗読と解説の時があるのに、私はその時間、はるばると雲の上です・・・。
 
 さあ、今晩は北見中央図書館の視聴覚室で開かれる、北見三浦綾子読書会の「オリーブ会」(午後6時半〜8時、参加無料)です。『塩狩峠』を読み進め、毎回「なるほど〜」と、皆さんの感想を聞きながら深くうなずいています(前回の様子は、コチラ)。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |