FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

たとえるなら

 土曜日、日曜日と開かれた60周年を記念した第62回北海道聖会では、パネル展も開催されました。普段は下のように様々なインフォメーションが吊るされている壁を会場のご厚意により、パネル展のために使わせていただきました。

多目的ホールの前

 ずらっと50枚ほど並んだパネル。教区の歴史やトピック、そして各紹介の紹介のパネルもある中で、CA(青年部)の皆さんによる企画パネルも好評でした。昨日の記事で紹介した愛餐会(教会での昼食)のメニューも、「なろほど、なるほど〜」と皆さん熱心に見つめておりました。

パネル展

 その中で話題になったのは、「北海道教区版 バイブルプレイヤーズ」です!「『北海道教区の先生方って聖書の登場人
物でいうと誰だと思う?』そんなことをCAのみんなで話し合ってみると、ご覧のような結果に。さて、みなさんはご納得?」ということで、ずら~っとカードが並びました。

バイブルプレイヤーズ

 例えばF先生は、「十二弟子のマタイ(取税人)」。その理由は「かつての北海道経済の中核、拓殖銀行で務めていたが、キリストに出会い、付き従うことに」とのこと。そして「錬金術」が星7つ。S先生は「テモテ」。その理由は「祖母の代からクリスチャンの家系に生まれ育った、生粋のクリスチャン。現在四代目育成中」とのこと。S先生の奥様C先生は「リベカ」。その理由は、「相手の必要を先回りして読んで動ける。今の夫にはもったいないほどの人物だという説も…」とのこと。
 
 面白いでしょう。よく見てますよね〜。さて、私は誰だったのか?それはまた明日の記事で!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |