FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

そこに泉が

 日曜日の礼拝は、妻が紋別へ出かけていたので、私が司会、奏楽、説教の務めをしました。礼拝では子どもたちも大きな声で賛美していたことが微笑ましかったのですが、大きな声は賛美の時だけではないというあたりが私たちの教会の愛すべき子どもたちです(笑)

 午後からのEnglish Gospel Worshipは、司会や奏楽、ゴスペル、そして証しメッセージやその通訳も信徒の皆さんがなされ、皆さんよく練習し、祈りつつ備えられ、大いに恵まれたひと時となりました。フィリピンへ戻られるTさん夫妻のために一緒に祈り、またWorship Timeの後の送別会では感動の涙もあり、まるで今生の別れのようでしたが、5ヶ月後には戻られます!

 その後、仕事を終えたMさんと聖書の学びの時を持ちました。早く始めて早く終るつもりが、テキストも開かずに、お互いのこと、信仰に関するQ&Aなどを分かち合っていると、あっという間に2時間以上が経っていて、いつもより長く、遅くなっていたので驚きでした。主の大庭にいる充実した1日でした♫ 以下は礼拝メッセージの断片集です。

20161023
(250字のエッセンスは、コチラ
 

 主の言葉を聞くとは、「あれはどうしたらいいですか?」「こっちを選んだ方がいいですか?あっちですか?」というような、情報を得ることが目的になってしまうと、それは真のコミュニケーションではありません。信仰生活とは、神の祝福の言葉を聞き続けることです。たとえ戒めであっても、その根底には主の祝福が流れているということを聖霊によって聞き取ることが大切なのです。



 私たちは、毎日毎日、否定的な言葉、良くない言葉、人の噂が耳に入り、それが心の深みにまで侵入してきます。サタンは私たちの心の中を混乱させ、荒野のようにすさんだものにします。様々な出来事を見聞きする中で、心を痛めること、嫌になること、重くなること、分からなくて混乱すること、感情的になること、そういうことがあります。しかしそういう混乱した事柄を通して、「主はこういうことを私に語っておられるんだ」、「主よ、そういうことだったんですね」と、混乱したことの中にも、愛の神の声を聖霊によって聞き取る時、そこに泉が湧き出るのです。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

礼拝メッセージの断片集 |
| ホーム |