FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

食糧貯蔵室 【No.202】

年末、いろいろな方からいろいろな物が送られてきました。
ありがたいことだなぁと思います。

エジプトのヨセフが飢饉に備えていたように、
お正月の食べるものが次から次へと貯蔵されてました。
(お正月とは限っていないのですが)
妻は「食糧貯蔵庫」と呼んでいるようです。

この部屋は暖房を入れていないので、
冷蔵庫よりも冷たいんですね~。
冷蔵庫の方が温かいなんて不思議です。
もちろん凍らせないように新聞紙に巻いたり、いろいろしているようです。

玉ねぎ、かぼちゃ、長いも、ゴボウ、
そして私が育てたダイコン、ジャガイモ(数箱)、
白菜よりも大きなキャベツ、そしてミカンなどなど。

ミカンは和歌山産のもので、こんなミカン初めてでした。
ミカン自体は普通と言えば普通の美味しい甘いミカンのですが、
ミカン箱にきちんと整理整頓されて詰められていたのです!

みかん

今まではゴチャゴチャしたものしか見たことがなかったので、
こんな風にお上品に並べられたミカンに驚きました。

その他、お互いの実家からもいろいろと送られてきました。
ありがたいことです。本当はこちらが送らないといけないのに・・・。
あ、でも今年はけっこういろんなものを送ったぞ!

たくさんの頂き物の中で、唯一、私が口にしなかったもの、
それはこれ↓。そう牡蠣です。

牡蠣

苦手なんですね~。
どうしてこんな気持ち悪いものを食べるのでしょうか(笑)

「洋子先生が好きだから!」とのメッセージ付きで頂いた牡蠣、
一生懸命に殻を開けようとするのですがなかなか開かないのです。
インターネットで調べてみるとコツがありました。
そしてその通りにやってみると上手く開けることができました!
妻は大満足で牡蠣を頂いていました。

多くの方々の温かい気持ちのこもった贈り物を頂きながら、
夫婦共々、寒い冬ですが身も心も温かい気持ちで過ごしています。
本当に「ありがたいなぁ」と思います。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<勝ち負け 【No.203】 | ホーム | 正し過ぎる 【No.201】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |