FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

埋める

 先週水曜日、Tさんの引っ越しのお手伝いのために置戸町へ出かけました。北見から車で45分ぐらいの山あいの町です。Tさんと2人で2トントラックに廃棄物を積み、車で15分ほど走った山の中にある処分場へ運びました。

廃棄物処理場1

 焼却場とばかり思っていたのですが、そうではなく、まずは木材だけを降ろしました。木の町の置戸町だから、木材は再利用するのでしょうか?

 その後、矢印に従ってゴミ捨て場へ行くと、何とそこには採石場のような空間が広がっていて、ゴミ収集車と1台のショベルカーが小さく見えました。

廃棄物処理場4

 そう、ここはゴミを燃やす焼却場ではなく、ゴミを地中に埋める「一般廃棄物最終処分場」なるところでした。ゴミによる埋め立ての現場を報道などで見たことはありましたが、山の中にゴミを埋める現場は初めてでした。

 大きな陸上トラックのような楕円形のくぼみに、大きく2つのエリアがあり、どうやら1つのエリアは既に半分ぐらいまで埋め立てられているようでした。もう半分のエリアをこれから埋め立て、最終的には全てのエリアを埋め立てていくのだろうなあと推測しました。

廃棄物処理場3
(Google Map 43.770792, 143.641977)

 広大な土地がある北海道ならではのゴミ処分でしょうか? この広さだと20年〜30分ぐらいは、大丈夫という算段のように思いました。そしてまた20〜30年後はまた別のところに埋めることになるのでしょうか?

 昨日は電柱が埋まっている(正確には電線が埋まっている)という記事で、今日はゴミを埋める記事でした。昨日のようにまとめるならば、私のココロの中には、不燃ゴミや生ゴミ、粗大ゴミを埋めたままにしていないかなあ?

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |