FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

紋別への道のり

 今週の日曜日、私は紋別へ車を走らせました。スピーカーから流れる賛美に声を合わせながら、時に祈りをも声に出しつつアクセルを踏みます。この標識を見ると、そのまま7号線を直進したくなりますが(笑)、左折して333を走ります。

日吉ではなく

 長いトンネルを2つ抜けると、333はさらに左折して遠軽、丸瀬布方面に続き、旭川ー紋別自動車道につながるのですが、私は直線してサロマ湖方面へ行きます。「雪かもしれない」と思っていた日曜日でしたが、降らずに曇ったままの空を映しているサロマ湖。この穏やかな湖面は、もうしばらくするとその静かな動きをとめることとなります。

 11月下旬のサロマ湖
(11月27日のサロマ湖)

 サロマ湖を過ぎて湧別町に入ったあたりから、私の前方を法定速度で走るパトカーが行く手を遮ります(?)。パトカーの前には1台の車が、これまた後ろのパトカーを気にしながら、抑え気味の速度で走っています。教会近くの紋別警察まで3台が連なっていました。お陰で様で、9時45分ぐらいに教会へ到着する予定が、10時5分ぐらいになりました。

パトカーを挟んで
(11月27日 紋別市内)
 
 教会の鍵を開けて準備をしていると、TさんとHさんが入って来られました。Tさんが「後ろにパトカーがいるから、気にして・・・」と言われるではありませんか。何と私たちでパトカーを挟んでいたようです。
 
 パトカーがいたから、慌てずに法定速度でツルツルの道を安全に走行してきたので守られたとでも言いましょうか。いやいや、パトカーも全能の神を信じるクリスチャンの車に挟まれて平安の内に守られて走行できたのではないでしょうか!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |