FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

こと冷めることなく

 『徒然草』の「神無月のころ」に、山里にある庵を訪れたことが記されています。しみじみと人里離れた所にある住処を見入っていると、その実がたわわになっている大きな柑子(みかん)の木の周りを柵で囲っている様子を見つけてしまいました。そして「少しこと冷めて、この木なからましかばとおぼえしか」と気持ちが冷めたようです。

 確か中学の国語の先生が、「この木が無かったらというこの木とは何でしょう?」と問われた時、私は木で作られた柵だと思ったのですが、どうやらみかんの木らしいのです。う〜む。その説明を聞きながら、分かるような、分からないような感じでした。『徒然草』は短い文章ですが、兼好さんは味わい深いですね。

2016アドヴェント・カレンダー1

 さてアドヴェント(待降節)に入る頃、札幌のN姉が北見の教会のことを覚えて今年もアドヴェント・カレンダーを送ってくれました。祈りに覚えてくださり、本当にありがたいです。

 そのアドヴェント・カレンダーに、妻は数年前から付箋を付けています。「キャンドルサービスにみんなで開けます。(それまでそのまま)」という付箋を見ると、兼好さんのように「少しこと冷めて」しまう私なのですが、知らない間に無作為に食べられていると「いとこと冷めて」しまうでしょう(笑)

2016アドヴェント・カレンダ−2

 そのアドヴェント・カレンダーを皆さんでめくるのは、今日、キャンドル・サービスの後です。ただし、昨晩からの積雪、低気圧が2つもあり、オホーツク海側は荒れるという予報の中でのキャンドル・サービスです。神無月ならぬ、主なる神がおられるひと時を、「少しこと冷める」ことなく身も心も魂も主イエスの光に灯されていくひと時を共に過ごさせてくださいと祈りつつ、昨晩から雪かきをしながら備えていきます。

 紋別でも今日がキャンドル・サービスです。神学生の奉仕に感謝しつつ、主の守りを祈っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |