FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

Living Christmas Tree

 日曜日のクリスマス礼拝で、聖書のメッセージをお話しする冒頭で、世界のクリスマスツリーを紹介しました。ブラジルのツリーは、海に浮いていました!

ツリー1

 オーストラリアでも同じように、海の上に大きなツリーが飾られていました。南半球のクリスマスは夏だからでしょうか?しかも、このブラジルのツリー、花火になっているようです。ラテンの血が騒ぐのでしょうか(笑)

ツリー2

 次に紹介したのが、チョコレートのツリー・・・。チョコレート屋さんが作ったものだと思いますが、部屋の中では溶けてしまうので無理でしょうね。

ツリー3

 そして「Human Christmas Tree」あるいは「 Living Christmas Tree」と呼ばれているツリー。まずは子どもの聖歌隊です。

ツリー4

 組体操のピラミッドを思い出してしまうのは、私だけでしょうか? 

ツリー5

 多分、アメリカの教会だと思います。とにかくアメリカ人は、自分たちが楽しむということにおいて、とても長けている国民性です。MLBを観戦した時に思ったことは、自分たちが楽しんで応援することが目的で、プレイヤーはまさに観客を喜ばせるプレイヤーだなあということでした。

ツリー6

 子どもも大人も、一緒になって喜びます。ツリーの中にいる人々に負けないぐらい、会衆席の皆さんも喜びながらクリスマスをお祝いしていることでしょう。

 12段〜14段。足場もしっかりと組まれていることでしょう。(何かの時のために、特別行事用の保険にも当然ながら入っていることでしょう)途中でトイレに行きたくなっても、無理ですね、きっと(笑)

ツリー7

 私自身は、そんなに派手で大掛かりなツリーを多大な労力を使って作りはしません。しかし何か不健全な意味のない娯楽のためではなく、救い主の降誕を祝う年に一度のクリスマスなので、盛大に大いに、「ここまでしますか!」というぐらいに喜びを表現したいという気持ちも理解できます。(いつかクリスマス休暇をいただいたら、こういうクリスマスを見学に行きたいものですが、牧師にクリスマス休暇はありません!)

 世界のクリスマスツリーシリーズ、明日も続きます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |