FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

つるつるつるつる

 12月の初めから紋別でインターン実習をされているS神学生を迎えに、1月3日に紋別へ向かいました。北見へ連れて来るその帰りに、ちょっと足を伸ばしてMさんが経営される温泉に浸かることにしました。

 事前にインターネットで検索し、紋別からの道順もばっちりと思いきや、留辺蘂駅を通り過ぎて温根湯まで来てもなかなか出てきません。まだ夕方の5時にもなっていないのに真っ暗な北海道の冬の夕方、温根湯の道の駅からMさんに電話をかけると、温根湯よりもさらに向こう(旭川方面)とのこと。

20170103道の駅
(温根湯の道の駅では、イルミネーションが光っていました)

 玄関で迎えてくれたMさん。早速、通好みという湯船に浸かりました。まさに源泉かけ流しで(時々、看板に偽りありで循環させている温泉もあるとのこと)、つるつるつるつるするお湯でした。体を石鹸で洗い流し終えても、まだ石鹸が残っているのでは思うほど、つるつるつるつるなのです。

20170103温泉1

 湯治のために来られているお客さんもおられるとのこと。宿泊施設もありますが、食事は自炊場を用いるとのこと。まさに湯治という感じですね。

 伝統のある通好みの温泉ですが、施設が古くなってきたのでそろそろ閉めようかと思っておられたとのこと。そこへ札幌に住まわれていたMさんが、まさに一大決心をして温泉施設を引き継ぐために帰って来られたのです。

20170103温泉2

 調理師と建築士の資格を持っておられるMさん(女性です!)。ボランティアの大工さんと一緒にリフォームをしながら、夏には食堂をオープンさせる予定です。

 お風呂上がりの待合室で、この温泉施設が多くの方々の疲れを癒やす場所となるように、主なる神から良き知恵と必要がMさんに与えられてリフォームができるようにと、湯冷めなどするはずもない熱い祈りを捧げました!(この温泉は、湯冷めしにくいお湯だそうです)

 食堂がオープンできる状態になる夏頃、教会の皆さんと共に訪れて祝福を祈る訪問祈祷会を行うことも決まりました♫ 雪が解けるのはまだまだ先のことですが、Mさんの温泉を皆さんで訪れるその日が来るのを楽しみにしています。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |