FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

忘れないでいたいなあ

 1月11日に紋別へ行き、税務署やら様々な書類の確認、そして2人の訪問をなどを終えて北見への帰路につきました。どんどん冷え込み、つるつるになっている道路を安全運転で帰る途中、サロマ湖を照らす月がとってもきれいでした。

 10年近く前に買った安いカメラなので(と、カメラのせいにしていますが!)、幻想的な風景の半分も写し出されていなかったのが残念です・・・。

20170111サロマ湖
(2017年1月11日 サロマ湖)

 サロマ湖を越えてしばらく走り、さらに北見に向かうには新佐呂間トンネルを通ります。このトンネルが開通していない時は、急こう配や急カーブが連続する難所のルクシ峠を通らなければならなかったようです。

 この新佐呂間トンネルは、2人が犠牲となった2001年のルクシ峠の土砂崩落事故を受けて、2004年に着工されたとのこと。そして工事期間中の2006年11月には、竜巻被害で工事関係者9人が犠牲となりました。私も大阪時代にそのニュースを見て、竜巻被害の大きさに驚いたのを覚えています。

20170111新佐呂間トンネル
(2017年1月11日 新佐呂間トンネル)

 トンネルの全長は道内2番目となる約4.1キロとのこと(参照)。当たり前のように使っているトンネルや道路、またフロンティアとして開拓された北海道自体が、多くの方々の血と汗と涙の苦労があることを、時に思い起こすことも大切だなあと感じています。

 また同時に、何かのプラン、施策、制度などなど、「あれはおかしい」「ここはどうだ」と非難することは簡単なものでしょう。もちろん批評を許さない雰囲気があることも、健全ではありません。ただ、一つのものが出来上がるにあたって、汗を流して労苦された方々がおられることは忘れないでいたいなあと思うのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |