FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

凹んでしまうことなく

(昨日の続き)

 昨年の夏、深川から塩狩峠に向かい、そして紋別へとS先生を車に乗せて走ってきました。教会の前に停車したところ、「んん?」と思ったのです。

20160815①

 はい、助手席側のタイヤの空気が抜けています。「すぐにガソリンスタンドで見てもらった方がいいですよ」というS先生の声に促され、S先生の先生と挨拶を交わして車を見てもらいに行きました。

 ガソリンスタンドの店員が、空気を入れたり、水をかけたりなどしながら、すぐに原因が分かりました。なんとタイヤにビスが刺さっていて、パンクしていたのです。

20160815②

 思い起こせば、確か滝上町を過ぎたあたりで、ココココココココココ、という小さな音を助手席側の方に感じていました。あの時、このビスを踏んでいたのですね。滝上町から紋別まで30kmちょっとです。よくぞ紋別まで空気が抜けてしまわなかったものです。

20160815③

 さて、気になるのは修理代。「タイヤを買い換えることになると大変だなあ」と財布とにらめっこをしていました。(スペアタイヤがあることなど、疲れのために頭から抜けています)しかし最近のタイヤは、すぐに治るようですね(パンクの仕方にもよるみたいですが)。タイヤが凹んで、気持ちもまでも凹んでしまう暇もないほどに、お手軽に治って本当に良かったです。(私が修理したわけではありませんが)

20160815④
(刺さっていたビス)

 それにしても教会でS先生を降ろした時に、空気が抜けていることに気づいて良かったなあと思います。なぜなら、紋別から北見に帰る途中、だんだんと暗くなってきて、人家のないところや携帯の電波が届かないところでパンクしたタイヤで動けなくなった大変です。主なる神に守られているなあと感謝しました。

20160815⑤

 無事に北見にたどり着き、S先生と一緒に出発した8月11日から13日まで、990kmも走っていたのです。宗谷岬や塩狩峠にも寄りましたからね〜。ただ、わざわざ塩狩峠に寄ったことが、その半年後に大きな意味をもってくるとは、その時の私は知る由もありませんでした。(さらに明日へ続きます)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |