FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

色とりどりの

 今週の日曜日(3/26)、私は紋別の教会へ向かいました。道路の雪が解けているので、快適に(捕まらない程度)に飛ばして進みました。

 Y宣教師が「北海道の道路も、けっこうフィリピンなみですね」と話されていましたが、街中や幹線道路は別として、地方の道道(どうどう・北海道が管轄する道路のこと)だけではなく、国道も凸凹しています。

20170326紋別へ
(紋別へ向かう国道)

 ただ紋別へ向かう途中のある一区間、冬の間も雪を解かしながら工事をしておりましたが、とってもキレイなアスファルトで舗装されていました。

 いつものカメラスポット・サロマ湖は、まだ凍っておりました。ただ、もうワカサギ釣りをしている人たちがいなかったので、氷は薄くなっているのでしょう。

20170326サロマ湖
(3月26日のサロマ湖)

 サロマ湖を過ぎると楽しみにしている、湧別町の水芭蕉群生地。もちろんまだ芽が出ていません・・・と運転している時は思っていたのですが、帰って写真を見るとちょっとありますね〜。見つけちゃいました。

2017032湧別町・水芭蕉

 そして冬の間は牛舎にいた牛たちも、陽のあたる場所でエサを食べておりました。北海道に来て心が和む風景の1つは、牛のお昼寝です(笑)もちろんこの時期はまだ寒いので、外で昼寝をしていることはないでしょう。

20170326乳牛

 次回の紋別訪問は、4月23日です。その時には、畑も山にも彩りが見え始め、峠の日陰になっているところに残雪を見つけることでしょう。サロマ湖の湖面はキラキラとした水面(みなも)となり、透き通る水の中に映える水芭蕉の緑、そして牛たちが昼寝をしている姿を見つけるでしょうか。

 昨年の4月から1年間、日曜日は月に1度のペースで紋別に通い続けました。時には妻が行き、そして12月と1月はS神学生が来てくれました。そんなことを思い起こしつつ、穏やかな天気の中を運転しながら、2年目に主なる神が用意しておられる色とりどりの事柄があることを期待しています。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |