FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ぐずぐず、すいすい

 「静かになった聖日(日曜日・主の日)の夜は、精神的には一番ほっとする夜である。いつまでも、ぐずぐずと起きていたい夜である」。所属グループが発行する牧師向け論集(のようなもの)に、今は天国に行かれた婦人牧師であったM先生が記されていました(1986年)。

 ぐずぐずと起きていたい日曜日の夜、そして月曜日の朝は、許されるならばゆっくりしていたいのです。全ての牧師がそうではないかも知れませんが、私はよ〜くその気持ちが分かります。

20170327丸瀬布へ①
(2017年3月27日 遠軽瀬戸瀬ICから)

 そんなゆっくりしていたいはずの月曜日(3月27日)の朝早く、旭川方面へ向かって車を走らせました。ある委員会の総括、感謝会のためです。

 少し前にKさんが開通式に2時間並んで走った、旭川ー紋別自動車道の新区間、遠軽瀬戸瀬ICから丸瀬布IC。確かに気持ちよく走れました。

20170327丸瀬布へ②
(丸瀬布)

 Kさんだけではなく、TさんもCさんも話されていましたが、この新区間の開通によって、丸瀬布の街にある道の駅やコンビニなどが、閑散としているだろうということです。反対に瀬戸瀬ICから少し走った所にあるコンビニは、大繁盛のようでした。

 交通網の変化による商売の浮き沈みって、どこの地域にもあるものですが、何となく寂しいもの、さびれていくかもしれない街に対する同情が募ります。 

20170327鷹栖①
(2017年3月27日 T教会)

 ぐずぐずしていたい日曜の夜、ゆっくりしていたい月曜の朝のはずですが、すいすい車は走りながらT教会に到着しました。3月下旬、雪捨場となっている隣の駐車場には、まだ解けきれない積雪がありました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |