FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

牧歌的な

 3月27日(月)、記録誌実行委員会の感謝会がありました。5年に渡って、よくぞここまで作ったものだなあと思います。それぞれの家族も、いろいろとしわ寄せがあっただろうということで、3家族がT教会に集まりました。

 何かがある時、誰かの調子が悪くなるS先生家族。今回は、一番下のI君が前日に高熱が出たためにお母さんと留守番になりました。それでも他の3人の子どもたちの愛くるしい様子は、とても微笑ましいものです。

 F先生の奥様がわざわざ仕事を休んでくださり、歓待してくれました。また次男のY君がトンカツを、K君がデザートを作っていてくれて、これがまた美味しかったのです。

カルタ

 盛り上がったのが、4種類ぐらいを混ぜた大カルタ大会。国旗のカルタ、年号カルタなどなど、大人も子どもも真剣勝負でした(笑)

ジェンガ

 ジェンガも面白かったです。小さい子ほど大胆ですね。

 S先生家族は3人の子どもたちと詩篇23篇の暗唱と、「我が魂の羊飼い」を賛美してくれました。最近はハイジも何だかいじけてきているのに(TVのCMの話しです)、21世紀のこの日本で何と牧歌的な平和なひと時を過ごしていることでしょう。

画伯

 私たちの出し物は、ちょっとしたゲームと、画伯になってもらって絵を描いてもらいました。左からトランプ大統領のヒント、トランプ大統領、F先生の顔、北海道新幹線、お好み焼き、鹿、ミッキーマウスです。感心したり、大笑いしたり、あっという間の数時間でした。

 いつも委員会だとか、何だかと働きを共にしている先生方の家族と一緒に、冬の終わりを告げるかのような暖かいひと時でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |