FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

末成り

 今月の初め、S先生からビワジャムが送られてきました。ビワって秋だと思い込んでいましたが、出荷のピークは6月頃のようです。出荷量の一番多い都道府県は、長崎県だとは知りませんでした(参考)。S先生らしい言葉も添えられておりました。

 本来は寡婦や孤児の為に取っておくべき末成りを、ジャムにしました。末成りは実が小さくてかわいそうですが・・・・・。一応滅菌していますが、防腐剤は入っていませんし、砂糖は控えめですので冷蔵庫に保存してください。



 「末成り」とは、「うらなり」と読むそうです。以下の意味があるとのこと。「1 時期が遅くなって蔓(つる)の先のほうに実がなること。また、その実。実は小形で、味も劣る。「―のカボチャ」⇔本生(もとな)り。」

 S先生が添えられた言葉のようにではありませんが、一人暮らしの方にもおすそ分けさせてもらいました。

2017年の琵琶
(ウニではありません)

 ビワの皮をむいて、一つ一つ種を取る作業だけでも大変だったと思います。恐らくS先生の奥様が作ってくださったのでしょう。味に対する期待よりも、作業に対する大変さを思いつつ、ヨーグルトと一緒にいただきました。

 美味しすぎる・・・のです。びっくりしました。北海道では育たないであろうビワジャムを毎朝のようにいただき、送られてきた一瓶がもうなくなりました!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |