FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

出遅れた感のある

 昨年の9月初めから中断していたblog。「11月か12月から再開します」と予告をしたまま、それができないままに年を越してしまいました。声をかけてくださった方々、電話やメールをくださった方々、何も言わずにそっとしておいたくれた方々、だらだらとした拙文にも関わらず、ご愛読くださる皆さんのお気持ちをありがとうございます。

 新しく始まった2018年、新しい気持ちでblogを再開したいと思います。(「思います」という、いかにも曖昧な日本人的な表現になってしまっているのは、以前のようなルーティーンを保てるかどうか、ちょっと自信がないからです)

20180101

 新しい年を迎えるにあたって思い起こされた八木重吉の詩です。移りゆく日常のただ中で、真っすぐにキリストを思い続けていきたいのです。結局のところは安心してゆだねていく、そういう思いでキリストを思いたいのです。

 見て見ぬふりをしていたまっさらの年賀状の束を、クリスマスを終えた頃に、どうしても目に入るところへ妻が置き換えていました。そこで昨日の元旦、皆さんからいただいた年賀状を拝見し終え、上記の言葉を小さく綴りながら一気にデザインをして印刷を終えました。本日投函の予定で、早くも出遅れた感のある2018年が始まりた!

Have a Blessed New Year !

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |